湯河原・真鶴アート散歩

湯河原・真鶴アート散歩について2014年9月29日

湯河原・真鶴の地域がミカンのオレンジ色でまぶしく輝く11月。1日から30日まで湯河原・真鶴そして熱海の泉地区でそれは楽しいアートイベントが開催されます。このイベントはこの地区の60の家がオープンハウスになり、ご自分の作品、好きな作品などを展示し、「わたくし美術館」にしてみなさんに見てもらい、来てくださった方とお話をする、という気楽で楽しいイベントです。

この「湯河原・真鶴アート散歩」は、今年が初めて。一回目です。 毎年5月に開催している「伊豆高原アートフェスティバル」を訪れてあんまり楽しかったので、自分たちの住んでいるところでもできたらいいね、ということから計画が始まりました。有志たちが集まり、その知り合いから知り合いへと拡がり、なんと60スペースが参加される結果となりました。こうやって手作りのまったくの自主管理、自主企画のイベントが実現しました。

準備の段階から、たくさんの発見と驚きの連続でした。セーターを作る人、バッグ、小物を作る人、画家、陶芸家、写真家、木工の方など、プロアマを問わず、なんとたくさん、ものを創る方たちがこの地域に暮らしていることでしょう。そういう方たちがオープンハウスで、訪れる人を迎えてくれます。
ここは木工をしている方のお家、ここは絵描きさんのお家とわかっていても、どんな作品か見てみたいなと思っていても、ふだんはなかなか訪ねていきにくいものです。でも大丈夫。この期間の各会場のオープン時間にうかがえば、作品を見せていただいたり、ある場合は仕事場を見せていただいたり、作家の方とお話ししたりがOKです。
お店や、カフェやレストランも、この時期はお気に入りの画家の絵などを展示していてプラスアルファの楽しみがいっぱい。また外からはふつうのお家に見えるけど、中に入るとこつこつと作っていたバッグや小物の展示があったり、すてきな写真が飾ってあったり、たくさんの楽しい出会いが待っています。

「湯河原・真鶴アート散歩」には子どもたちにも絵本の展示が数か所でありますし、大人が働く工房を見せてもらえるところもあるし、ぜひぜひ「こんにちは!」と訪ねていってみてほしいです。

どうぞ11月、湯河原・真鶴に遊びに来てください。マップ片手に「湯河原・真鶴アート散歩」の看板を目印に、町のあちこちを訪ね歩きましょう。人と作品、人と人、人と町との楽しい出会いが待っています。 海と小高い山に囲まれたこの地域の美しい風景が、きっと、もっともっと楽しく親しみのあるものになっていくことでしょう!
湯河原・真鶴アート散步実行委員   作田 真知子(ギャラリー・カフェ「飛ぶ魚」)